仕事のおはなし

March 26, 2011

Last train home / Lostprophets



土日になるとやっぱりほっとする。
ひとりで、考えたいことを考えたり、したいことをできる。

会社にいると、いろいろ複雑な気持ちになるので、やっぱり気を張ってるんだなぁと思う。

全体会議のときに、
「今回の震災で、社員の関係者はひとりも被災地にいないという報告をすでに受けています」
と社長が言い、みんなうんうんとうなずく。

あれ、茨城に実家がある子がいたはず、と思ったり、福島にいとこがいるってわたし誰かに話したっけ? と思ったり、この間までわたしは仙台にいて、お世話になったひとがお風呂に入れないんだよって話さなかったっけ?と思ったり。
関係者って親兄弟しか指さないの?

それから、広告。
フリペは広告が収入源のすべて。

先週から、いわゆる「お見舞い広告」とか「お悔やみ広告」なるものが誌面に載っているのを見るのだけれど、大半が全然心がこもってない。
型通りの、っていうのは文字数の制限もあるし仕方ないとしても、日本語まちがってるだろう、それ、っていうものもあれば、ふざけたものもある。
「日本の大地震を応援します!」とかいう、日本語の堪能でない中国人がつくったコピーとか。


昨日見た記事で、漢方茶のお店のキャンペーンがあって、お茶の効能を電話で聞いたら
「放射能の予防にも効果があります」
と言われた。

「それはどういうふうに効果があるんですか? ほんとうですか? どの成分がどのように作用する、ということがちゃんと説明できますか」
と言ったら、お店のおばちゃんはちょっと怒って「本当だよ!」と声を荒げた。
では、ちゃんと説明してください、と言ってもやっぱりできない。なので、
「最近、日本でもいろいろな食べ物が放射能を防ぐとか、たくさんたくさんデマも飛び交ってるんです。だから日本人はとても敏感になっています。もしかすると、その言葉があるだけで怪しい印象を与えるかもしれないし、このお茶は本当に健康にいいのだから、ほかの効能を書いたほうが喜ばれると思います」
と言うと、最後はありがとう、と言ってくれた。でも、いま日本人が敏感なのはわかってて、あえてそれを書けば売れると思ったんだろうな。

lyuking at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2011

Asleep from day / The Chemical Brothers



とりあえずわたしには見られないけど、貼ることができた!
正しい動画かどうかをチェックする手だてもないけど(笑)。

----
よく寝たーーー

ゆうべは10時頃家に帰り、それからごはんを食べてぐだぐだして、マッサージ屋さんに行った。1時間で88元(=1,500円くらい)。
前回は2時間で138元という、これもよかったんだけど、早く帰って眠りたかったから。

この1週間は忙しかった。
いよいよ2人がきれいに辞めて、その仕事をわたし以外の2人がほぼすべて負うことに。わたしが10時や11時に帰り、2人は何時に帰っているのやら。なので、ちょっとわたしもその仕事に手を出したりして、感謝されている(笑)。

今月末にもう1人入って来るのだけれど、いまのところ3人で、4人になったら〜〜〜という妄想が止まらない。あれもやってもらおう、これも任せちゃおう、と、スーパーマンでもなけりゃ手に負えない仕事量を押し付けるつもり。嘘。

そして、さらにもう1人募集中。5人体制になったらどれだけ楽だろう…
という話を聞いて、さっそくS子の話をしてみた。
「中国語ペラペラで、弁論大会で何年も上位に入ってるんですよ。去年なんて2位ですよ。韓国語も英語も、たしかロシア語もいけるんです。そしてね、文章もいいの書くんですよ。なんでもやり抜くタイプだし。おまけにね、とってもとってもいい子なんです。まっすぐで、ねじれたところがないので、OLが多い会社ではちょっといじめられたりしたみたいだけど、ここなら大丈夫!」
などなど。

編集長さんはとても乗り気になって、「スカウト成功したら、経費からボーナス出す」って。
ボーナス出たら山分けしよう。だから早く来てね。っていうか来る気になってね。


lyuking at 14:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)