January 25, 2012

Salute Your Solution / The Raconteurs

とっても今さらながら、「ゾンビランド」を観た。
ずっと気になってはいたものの、なんとな〜く手が伸びず。。。
ウディ・ハレルソンが出ていて、どんな役でどんなアクトをするか想像でき過ぎちゃったので。

そしたら最近、なんと、ジェシー・アイゼンバーグくんも出てることに気づいたのだった!
※「ソーシャル・ネットワーク」の主役、ザッカーバーグを演じた子

そしてネットで検索して、改めてあらすじを確認したら、なんと神がかったストーリー。
さんざんマンネリ化しているゾンビ映画界に、ひとすじの光が差し込むような。

というわけで、やっと観たのだけれど。
これはすごい、すばらしい。大げさでなく、感動を覚えた。
ゾンビ映画を愛し、数々のゾンビ映画を観てきたファンなら、今まで何度も「ここでこうしていれば…」という欲求(のようなもの)がほとんど満たされている。

ビル・マーレイのシーンはちょっとやり過ぎかなあとも思えたけれど、あそこでほかの人を持ってきてはいけない。遊園地もいい。何ならゾンビもスペース・ショットでガンガン打ち上げ、ポイポイ空へ放り出してやったらもっと良かったかもしれない。

そうか、こういう邪道的ゾンビ映画でも、ゾンビ映画ファンは楽しめる。新しいゾンビ映画時代よ、ようこそ!

----
すっかりジェシーの虜になったので、ぐちょぐちょとネットでジェシー探しをし始める。
昔出演したドラマとか、一生懸命耳を100%フル活用して、単語を聴き取る。
でも、聴き取れなくてもいいんだ。ジェシーのあの、ちょこっとしか口を開けないでしゃべるとか、感じの悪い笑顔とか、わりといい声とか、そういうことを楽しむ。

そして最近知り合った映画好きのお姉さんのブログも眺めていたら、ジェシーについての記述を発見。
彼女もうとっくにジェシーファンだったらしい。もしかすると、もう飽きてきてるくらいかも?

で、この動画が載ってた。

ジェシーのくるくる巻き毛が、それなりに整えられていて、シャツを適当に着ている。しゃれおつ。
こういうジェシーはあまり好きではないけど、リラックスして楽しそうに話す様がかわいい。
インタビュアーの女性が、ジェシーのことを大好きなのもとてもよくわかる。いいインタビューだ。内容はいまひとつわかってないけど(笑)。

上海で出ている月刊誌でも、中国に来る日本人のミュージシャンや役者さんをインタビューして載せていることが多いのだけれど、どれもいつもいまひとつ。。。インタビュアーが相手に興味がないのが丸わかり。
今後はわたしたちも「人」を取り上げる記事を展開して行くので、反面教師として為になる。
そしてこの動画もよく覚えておこう。

lyuking at 22:49│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字