July 18, 2010

群青日和 / 東京事変



髪が伸びてきて、うっとーしくって。
汗をかくと顔にはりつく。
耳の上辺りがぼわんとふくらんでビートルズみたい。

そういうわけで、今日髪を整えに行ってきました。

ここ数年、いつも札幌のおともだち「ばんび」が美容師さんなので切ってもらっていたんだけど、おともだちでなければやはり美容室というのは産婦人科のつぎに苦手な場所。歯医者より苦手。

趣味が合うかどうかもわからんのに趣味だの休日は何をしてるだの仕事は何だのと意味のない会話をしなければならんし。
初対面だとその日の服装オンリーでその服にしか合わなさそうな髪型にされるし。

何より、ヘタクソだったりするし。

車を運転できる=運転免許証を持っている≠運転がうまい
と同じ論理ですね。

つまり何が言いたいかというと、美容師気に入らんのです。
でもまー前より短くしてしまった以上、毎度毎度札幌に帰るときだけ髪を切るわけにもいかんし、同じ店に通うしかないなー。

あ、しかし今日のひとは若くないし、わりと経験もありそうで、話もうっとおしくなくてよい感じのひとでした。
でもあたしをわかってない。あたしをわかっているのは…ばんび!

----
今日ほんとは上の動画の椎名林檎みたいな頭にしてほしかったのに、かわいらしいオードリー・ヘプバーンみたいになったのでした。嘘。


lyuking at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Sleeping With A Broken Heart / Alicia Keys



夏は暑いよね。
暑いと、ガスの前に立つことがおっくうになって、
食欲も減退して、食べることがちゃんとできなくなってくるよね。
痩せるのは大歓迎なんだけども、自転車で坂を登ってるときなど
体力が落ちてることを実感するので、ちゃんと食べなきゃいかんなと思うこのごろ。

そこで! 最近ハマってるのがこれ。
「冷え知らず」さんの生姜トムヤムクン。

永谷園のレトルトなんだけども、フォーと粉末スープが入っていて、
お湯を注ぐだけで…!!!な味。

永谷園にいるいろんな部署の、生姜をこよなく愛す社員たちで結成された「生姜部」(部署ではなくて、部活らしい)が生姜シリーズを開発しているそうです。
ほかの商品はコチラ

ココナッツカレーとか、いくつか食べてみたんだけどやっぱトムヤムクンがいちばんおいしい。
ほかの会社から出てるトムヤムクンよりもこれがいちばんおいしい。
新商品らしいのだけど、永遠になくならないでほしい…!

あったかいし、フォーもつるっといけるし、辛いので夏にも夏の身体にもぴったりだ。コマーシャルみたいだが。

----
しかしレトルトばかり食うのもな、ちゃんと野菜とか食べなきゃな、
と思って今日つくったのはこれ。



「ガスパチョ」でーす!

アルモドバルの映画「神経衰弱ぎりぎりの女たち」だったかな、
睡眠薬入りのガスパチョをモアイみたいな顔した女の子がうまそうにごくごく飲んじゃうシーンがあって、それを観て以来ガスパチョを食べてみたいと思っていたのだ。

クックパッドで調べてみると、スペインの伝統料理で、トマトとニンニクがメインの冷製スープとのこと。
レシピによってほかに入れるものは、ピーマンやパプリカ、きゅうり、セロリ、玉ねぎ、パン(orパン粉)とさまざまなんだけれど、
いちばんシンプルな本場のやつを選んで作ってみました。

完熟トマトを2個湯むきして、パン粉100g(水に浸して戻してからしぼる)とオリーブオイルと赤ワインビネガーと塩コショウでミキサーでガー。

きゅうりと玉ねぎと赤ピーマンとゆでたまごをみじん切りにしてトッピング。あと生ハムもちぎってトッピング。

うまい…! うまいです!!
食べるときにタバスコをけっこういっぱいかけて食べた。
赤ワインビネガーが多めのほうが好みだなあ。

ハンドミキサーほしいなあ。

lyuking at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 17, 2010

環状七号線 / フジファブリック

フジファブリックってどういう意味なんだろか。
ファブリックって、クッションとか、そういうものだよね。フジって富士?



そして、「カンナナ」とかよく聞く環状7号線がどこにあるか、見たこともないまま東京暮らしが1年半になります。

いや、最近、東京で観光ってしてないな、と思ったのです。
やっぱり東京タワーとか? 鎌倉とか? 高尾山とか?

台湾にいたときはいつもどこでも観たくて行きたくて、休みのたびにプチ旅行をしたものだけれど、それでも帰国したときにはあそこにもここにも行きたかった、と後悔を残して去ったものだけれど、東京をいつか離れるとき同じ思いをするんだろうか。

でもスカイツリーは観に行きたくない。
墨田区周辺のホームレスを、「景観が損なわれるから」という理由で排除している原因の建築物など、誰がわくわくほくほくするものか!

勝手に荷物を回収して、1日も保管せずに廃棄しているんだって。
区役所職員によれば、
「警察に問い合わせたところ、廃棄してもいいとのことでしたので」。
おめーのチャリンコ捨ててやるからな! 道ばたに停めてみろよ!
と言いたい。

詳しくはコチラ
http://san-ya.at.webry.info/201006/article_10.html


----
ふー。明日から3連休。仕事しよ。

lyuking at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 12, 2010

Us / Regina Spektor

映画「(500)日のサマー」より。
この人全然歌じょうずじゃないけど、この曲を聴くとちゃんとあの映画がよみがえる。

今年の中途半端なアート系作品として代表的な作品ですが、意外にもけっこうよかったです。
まず主役がヒース・レジャーに激似の男の子! ほんとうに似てる! 笑顔も悲しげな顔も! ヒースよりやや品がいいけど、ヒースと同じだけの期待を彼に預けたい。

----
子どものころ大好きだったファンタジー「クラバート」が映画化されているって何かで観たんだけれど、とうとう劇場公開しないままDVDになっていた。あ、ドイツ映画祭では上映してたか。

カレル・ゼマンによってアニメ化されたのはすばらしかったけれど、実写ってどうなるんだ! しかも劇場公開してないってことは超微妙な監督&配役なんだろう!
と思ったのに、裏切られなかった。役者もよかった。

クラバート役が「愛を読むひと」のダフィット・クロス、その恋人が「見えない雲」のパウラ・カレンベルク、クラバートの良き相談相手トンダを「グッバイレーニン」「サルバドールの朝」のダニエル・ブリュール。

----
あーあ、暑い暑い。
クッションもカーペットもしんわり湿っている。
クーラーつけよ。

lyuking at 20:47|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

July 10, 2010

Breakaway / Irma Thomas

海ちゃんからもらったメロンめちゃんこうまい!
汁がジューシージュワジュワ〜ッ! 底抜けに甘い! たまらぬ!
ありがとうひばりさん!!
Gたん帰ってくるまで置いとくと腐っちゃうから独り占めだなあ、ウヒウヒw

----
DVDで「リリィ、はちみつ色の秘密」を観た。
ちょっとおっきくなったダコタ・ファニングのやつ。

これ、クイーン・ラティファにアリシア・キーズにジェニファー・ハドソンが出ている、ならばさぞかしすてきな歌が聴けるのだろう、と思ったのに
アリシアなんかチェロを弾くばっかりだしみんなちっとも歌わねーの。
がっかり。

----
2番館で「ニューヨーク・アイラブユー」を観てきた。
岩井俊二とか、ファティ・アキンとか、ジャン・ウェン監督のオムニバス。

いや〜これほど彼らの作品としてもったいない映画はないね。
尺の短さがすべてを奪ってしまった。長ければいいってもんではないけど、いくらなんでもここまで縮めてどうするよ、と言いたくなる。

さておき、隣に割り込んできたおばちゃん、えびせんはやめてほしい。いまそういうシーンじゃないから。急にアジアに戻っちゃうから。

----
最近、夢がイギリスのセックス&ドラッグ&バイオレンスムービー化していて疲れる、と会社で隣の席の子に話したら、
「え〜、映画観過ぎじゃないですか? そういう夢って登場人物は俳優なんですか?」
と聞かれた。

いや、けっこうリアル友だちとかなのよ、昨日なんてK野さん(斜め向かいの女の子)がストーカーに追い回される夢でさぁ…

「へー! そのストーカー犯も会社のひとですか?」

「(真向かいのW部さんとは言えない)…いや、それは昔の同級生…」

無理な沈黙だった。やばかった。しかもW部さんと目が合ってあわてて逸らしてしまった。

だってW部さん、おかしいんだもん。 うさんくさいんだもん。 笑顔が怖いんだもん。 何考えてるかわかんないんだもん。 ありえないくらい感じ 良すぎるんだもん。 不自然なんだもん。 かまってほしそうな独り言が多いんだもん。 生クリームのケーキと今川焼をいっしょに食べるんだもん。 王子っ ぽいんだもん。 前世ピーターパンだもん。 緑の血が流れてるんだもん。

でも今日、Gたんと似たようなかつどん系の匂いがしたので、おじさん化が始まっているな。

lyuking at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Hung Up / Madonna

昨日この曲が好きで人に聴かせまくっているという人に会った。
マドンナは好きだが、アバの曲をサンプリングしてる曲、との説明で
どの曲かさっぱりわかんなかったがあーこれね。と思っただけ。

----
DVD13枚ディスカスで借りて順繰りに観てる。洗濯機回しながら。
大掃除も一段落したし(あたしにできることはした、あとはやってもらうことのみだ)
いい休日だ。

----
ワールドカップ終盤になってきたね。
アルゼンチン×ドイツはアルゼンチンで決まりだろう〜
なんて話しながら帰ってきてTVをつけたら、ドイツまさかの3−0。
そしてさらにもいっちょ決めて。

アキと賭けてるのはオランダ優勝だからまだ猶予があるけど
こういう奇想天外なことが起るとこわいなー。
なんでワールドカップっていつもこうなんだろ。ワールドカップには魔王がいるな。

そんで、ヨダのとこからひろったんだけど、これおもしろくて↓。


----
姉夫が出張で東京へ来てるので、さっきいっしょにお昼を食べて、
タバコがなくなったから買ってくるねと店を出たところ
目の前には自販機しかなかった。

しかしちょうど通りかかった若いお兄ちゃんが手にタバコを持ってたので
「すいません!タスポ持ってますか!」
と聞くと
「ありますよ〜ハイかざしてあげますね〜ハイどうぞお金入れてくださ〜い」
ところがお財布に入っていたお金はあと100円足りない。
「ちょっと!お金足りない!取ってくる〜!」
とつぶやいて後も見ずにお店へ走って、姉夫に
「100円ちょうだい!」
走ったけど、もういないだろうな…と思ったらお兄ちゃん、待っててくれた…

東京の人っていい人。

lyuking at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 18, 2010

I'm ready / Alicia keys

SATCのサントラつづき。

----
母方の祖父母はもう何年も前に亡くなったし、父方の祖父はあたしが生まれるよりうんと前に亡くなったのだが、父方の祖母はまた生きている。

ずっと東京に住んでいて、たまにしか会うことはなかったので
いまいちつかみどころがないお付き合いだけれど、
いつも秋にはおいしい梨を送ってくれて、
会うととても喜んでくれて、
「うちの近くにおいしいお店ができたんだよ、ゆきちゃんふたりだけで行こう」
と言ってロイヤルホストに連れてってくれた(笑)。

そんなおばあちゃんももう88歳。
ここ数年は痴呆が進んで、いっしょに住んでるおじちゃんも近所に住んでるおばちゃんも大変だと聞いてはいたけれど、この春から身体がすごく弱って、入院している。

もう家には帰れないかもしれないとか、会えるのもいまのうちかもしれないとかいろいろ聞いて、前に会ったときもあたしのことはぼんやりという感じだったし覚えてないかもしれないな〜と思いつつ、会いに行ってみた。

すると、びっくり。

記憶の中のあたしはまだ子どもだったので、こんなに大きくなったと驚かれ、もう30歳になったと言うとまた驚かれ、いまは東京に住んでるのと言ってまたまた驚かれ、結婚したんだよと言ったときにはショック死しちゃいそうな。

弱っちゃって、起き上がるのもできないのに、いる間じゅうあたしの手を両手でぎゅうっと握って、ずっと何か言おう言おうとして、でも言葉が出て来なくて、ときどき出てくる言葉は
「ほんとにゆきちゃんなの? みきちゃんじゃなくて?」
ううん、ゆきだよ。と答えを繰り返し、とうとう、ほら、おねえちゃんは6年前に死んじゃったでしょ、もういないんだよ、と言うと
「え…」とつまったり、「ああ、そうか」と納得したり。

おとうさんとおかあさんは元気にしてるの? おにいちゃんは? ああそう、みんな会いたいねえ、おとうさんにもおかあさんにもおにいちゃんにもおねえちゃんにも会いたいねえ。

おとうさんは毎日来ているそうですけど…。
ううむ、どうも「ゆきちゃんのおとうさん=息子」というつながりがいまいちらしい。

しかし、あたしの知る限り、ぼけたじじばばの中で最もタチのいいおばあちゃんです。

喜んでくれてよかったな。ちょっと元気になったらしいし、今度はGたんを引きずって行ってみようかな。

lyuking at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

I Am Woman / Sarah Jessica Parker, Kim Cattrall, Kristin Davis, Cynthia Nixon

観てきちゃった〜SATC2。
1が意外におもしろかったので(不満もいっぱいあったけど)、きっと今回もそれなりにおもしろいのだろうと思ったら…1よりおもしろかった〜
1よりテンポの悪いところもいっぱいあったがね、いままででいちばんサマンサ(キム・キャトラル)が輝いていたね!
いっしょに行ったかぁんとふたり、会場でいちばんげらげら笑っていたかもしれん。笑える映画ってきもちいいわ。

この曲を4人で歌うところもとてもよかった。まざりたい。
元歌ヘレン版


それでね、映画のなかで例のゲイカップルの結婚式があるんだけど、これが人前式で、客のほかに神父役としての立会人がライザ・ミネリなのだよ!す ごいよ!姿を見たのは何年ぶりか!
そしてね、ライザがうしろにふたり従えて、やってしまうのだよ…Single Ladiesを!!
とても結婚式向きの曲だけど、こんなのやれるひといないわ!とか思ってたのに〜〜〜〜先にやられてしまった〜〜〜〜
でも、衣装とか、とても参考になりました。

そして思うんだけどさ、前作はキャリーの「結婚」がメインテーマで、「結婚して幸せになるの」的なにおいぷんぷんだったのだけど、あれやっぱそれ なりのリアクションあったんだろうねー。
4人のなかで唯一未婚のサマンサにやりたいほうだいやらせて、4人に家庭から離れて女だけの旅行に行かせて、この曲歌わせて、まるで180度ちが うもの。
今回のが女性からの支持はがっちりにちがいない…と思うのだが。

フェミニストでこれ観る人ってなかなかいないかもしれないけど、観た人いないかなぁ。聞きたいなぁいろいろと。

ビッグは福山の老後を思わせるよね? とか、砂漠の男は阿部寛にクリソツだよね?とか。
「砂漠と太陽がオレを呼んでいるんだ」
いねーよ! こんな男! いたら嫌だよ!!

----
ちなみに昨日は締切間近の仕事を、腰のせいで昼間の仕事をお休みしておうちでがんばってましたが、予約してしまった映画には行かねばならないので 行きました。これが札幌だったら知り合いにばったり会うとこだが、さすがだな東京。

lyuking at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 10, 2010

電波通信 / 東京事変

暑くなってきた。
夏が来るのは嫌じゃ嫌じゃと思いながら、暑くなるのを先延ばしにして(できるのだ)きたけど、もうそろそろそれもダメなよう。
でもいま半袖を着てしまったら、7月や8月にはぱんついっちょで仕事に行かないといけなくなる。
だからむりやり長袖。

----
ところで、ひさびさに翻訳のお仕事をすることになった。
まず今日届いたのをちゃんとやれるかどうかで次のお仕事につながるか決まるのだから、がんばらねばならない。
とはいっても日本語→中国語訳ってほんとひさびさだなあ…できるかしら。

そして報酬がこれまた安いんだよな〜〜〜日本人向けじゃなく、外国人を低賃金で使おうっていう仕事なのかしら。

なんにせよ、がんばりましょ。

lyuking at 22:26|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

May 25, 2010

イケナイコトカイ / 岡村靖幸

痛いんですわ。
先週仕事いっぱい休んで札幌帰ってたから仕事たまってるだろうな〜
よし気合い入れていこう、と朝身支度を始めていたらいきなりぐきっと。

やってしまいました。人生初のぎっくり腰。

初めてだからか、なんだかよくわかんなかったすね。
よくわかんないよね?あれ。ナニコレナニコレなんでコレこんな痛い?みたいな。

仕事休んでおとなしくしております。
「一日休むとそのぶん家庭の収入が減るが、休んでもよいぞよ」とありがたいお言葉をいただき、めしの支度をしてもらい、手を引いてトイレまで連れてってもらってます。
そしてときどき思い出したように「ぎっくりぶた!あはははは!髪切るからバランス狂ったんでねーの!」と言われて打ちのめされています。

あ、そうです髪切ったんです。中学生以来のショートです。
いやーしかし…そりゃ長かったけど、それで腰おかしくするって…ないよね?
やっぱビヨンセの練習のせいかしら。。。

lyuking at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)